Page 2 of 5

金魚の特徴が餌の種類を決める!?目的に合った餌の選び方

金魚の餌と一口に言っても、その種類は様々です。イメージとしては、水面に浮かんでいる餌を食べているという感じでしょうか。

餌には、まず水に浮くタイプと浮かないタイプがあります。浮くタイプと言っても、何れは水に沈んでいきますが、すぐに沈まないので、金魚が餌を見つけやすく、食べ残しが少なくなる
ため、水質が悪くなりにくいという利点があります。しかし、金魚の種類によっては出目金などのように眼が出ていて水面の餌が食べにくい金魚もいます。そのような場合、浮かない
タイプの餌がオススメです。

また、餌の大きさや形も色々ありますが、たぶん一番よく見かけるのは、EP飼料という粒状の餌だと思います。これは原料を発泡させて作るので、発泡具合によって浮く粒と浮かない
粒を作り分けることができます。ただし、発砲させて作るのであまり小さな粒を作ることができず、稚魚や小さな金魚には口に入らない大きさになってしまいます。そこで、そのEP飼料
を砕いて粉状にしたのが、顆粒飼料です。粉状なので、稚魚や小さい金魚にも食べることができ、オススメです。また、原料を板状に薄く伸ばし、それを割って作るフレーク飼料という
餌もあります。この餌は水を吸いやすく、水を吸うと柔らかくなるので金魚が少しつついただけでも小さくちぎれ、小さい種類の金魚でも食べることができます。水槽にろ過装置などを
つけている場合は、水に流れができ、餌を与えた時にその流れにのって餌が沈みやすくなります。そのため、混泳させている水槽では泳ぎが下手で餌にありつきにくい種類の金魚も
餌を食べられやすくなります。

また、その他、金魚の色を良くするタイプも見かけることがあります。色揚げと言うのですが、これは退色を抑えるものではなく、あくまでも本来の色以上のものを出すという効果を
期待するものです。

ところで、餌を与える回数や量についてですが、金魚は雑食性で餌を与えればすぐに寄ってきて食べるので、いつでもおなかを空かせているようなイメージではないでしょうか。

まず、買ってきたばかりの金魚は環境の変化でストレスがかかっていて、餌を食べても消化不良を起こす可能性があるので、1~2日は餌を与えない方がよいでしょう。

餌を与える量ですが、一般的には5分くらいで食べきれる量と言われています。たくさん餌をやり過ぎると残った餌が水に溶けて水質を悪くしてしまいます。また、琉金系の丸い体型を
した金魚は、餌を多く与えることで上下が逆さまになってしまう転覆病にかかりやすくなります。なお、これ以上大きな水槽にできないなど、金魚を大きくしたくない場合にも、餌の量は
控えた方が効果があります。

餌を与える回数ですが、朝夕2回でも、1日1回でも良いです。ただ、季節によって水温が変わることで、金魚が活発に動く時季、動かない時季があります。そのため、動かない
時季にたくさん餌を与えると消化しきれず、消化不良を起こすことがあるので、基本的に餌は少なめに与えることをオススメします。

水替え・掃除は金魚にとってストレス?便利なグッズでストレス軽減

ろ過装置を使って、どんなに綺麗にしている水槽でも、水は次第に汚れていきます。毎日与える餌の食べ残しや糞などで水質が悪くなると、pHが変わり、酸素も溶け込みにくくなり
ます。そして、金魚にとって、棲みにくい環境になるのです。しかし、目に見えて汚れているならともかく、水質変化だけであればなかなか分かりにくいものです。そこで、水が汚く
なってきたのでは?と感じられる金魚の行動を知っておくことが大事です。水が汚くなってくると、金魚は水面で口をパクパク開けていることが多くなります。上にも書いた通り、
酸素が溶け込みにくくなっているので、水中の酸素が足りないと考えられる行動です。また、水槽の水に関しては、白っぽくなっていたり、臭いがしたりという場合があります。

水替えのタイミングは装置の違いによって、若干頻度が違ってきますが、月に一回程度です。その際は全部の水を換えるのではなく、3分の1から半分くらいの量で換えます。ただ、
水替えをしようとしても大きな水槽であったり、ガラス製の水槽は重くて運べないという問題が出てくる場合があると思います。そんな時に役立つのがポンプです。水圧を利用した
手動式のものから、電池で動く電動式のものまで色々な種類があります。水槽の大きさや置いている場所を考えて使い分けると便利です。また、できるだけ底の水を汲み出すことで
底床に溜まったゴミを取り除くことができます。もともとゴミが溜まったことから水質が悪くなっているので、そのゴミを取り除くことは有効的です。ポンプも下に底床のゴミを取り除く
機能が付いたものもあるので、検討してみると良いかと思います。

また、月に一度水替えをしても、器具や底床(砂利)に汚れが溜まってくるので、数か月に一度は水槽の掃除をすることをオススメします。水槽の掃除は水替えよりも大がかりになる
ので、金魚にストレスを与えないためにも金魚を別の容器に避難させます。水槽の水を半分くらい別の容器に移し、その中に金魚も移すのですが、金魚は直接手で触らない方が
良いです。金魚に関わらず、魚や両生類のように水に棲む生き物には体表面に粘膜組織と言われる外部から身を守る粘膜を持っています。水中には敵となる生き物だけでなく、
バクテリアや微生物も居るので、鱗だけでなく、粘膜を持つことで体を守っているのです。そのため、手で直接金魚に触れるとどうしても少し力が入り、粘膜が取れてしまうことが考え
られます。もちろん、粘膜が取れても再び作られますが、その間に金魚が弱ってしまう可能性もあるので、直接触らず、専用のネットを使うことをオススメします。

水槽の掃除グッズとして専用に揃えた方が良いものは、ポンプと魚を掬うのに使うネットですが、その他は水槽に入れている器具に合わせて、ブラシやスポンジなど揃えると良いと
思います。特に水槽は傷がつかないよう、柔らかいスポンジなどを使いましょう。傷がつくと見た目もですが、傷ついた部分に汚れが溜まり、水質が早く悪くなることも考えられます。水質が悪いのは、金魚にとって良くない環境ですが、水替えや掃除も金魚にストレスを与えてしまうのは事実です。そのため、必要以上に水替え・掃除をしなくて良いよう、また
便利なグッズなどを利用して短時間で行えるように心がけることも必要です。

意外と知られていない、金魚の数と水槽の大きさが関係する酸素量

金魚に関わらず、魚を飼う時に、水中の酸素の量は重要です。少ない水の中に金魚をたくさん入れれば、それだけ酸素がなくなるので、たくさんの金魚を飼う時は、それだけ水も
たくさん要るということです。

水槽の中に管を入れて、空気を出す装置をエアレーションと言いますが、それを使っている場合は、金魚の大きさ1センチに付き、1リットルの水が必要です。しかし、そういう装置を使っていない場合は1.5倍の水が必要になります。

通常、酸素は何もしなくても、水面から少しずつ水に溶け込んでいきます。池やすいれん鉢などを使って、屋外で金魚を飼う場合は、一般に金魚に対して水の量も多くなり、雨などで酸素が水に溶け込む量も増えます。

しかし、屋内で水槽などで飼う場合は、水の量が少なくなりがちなので、エアレーションをする必要が出てくるのです。もちろん、大きな水槽で飼う場合は別ですが、室内に水槽を
置いて金魚を飼う場合は、横見の観賞用にすることが多いので、大きな水槽に少しの金魚だと何だか寂しく感じることもあると思います。そうなると、もう少し増やそうかなと思って
しまいませんか?それで、結果的にたくさんの金魚を入れてしまい、酸素が足りず、エアレーションが必要になるのです。

ところで、エアレーションのあの泡、なんとなく酸素のような気がしていませんか?実は、空気中の酸素の濃度は20%程度でほとんどが窒素なので、ただポンプで空気を送るだけの
あの装置では酸素が出てくるわけはないのです。

では、なぜあの装置が必要になるかと言うと、空気を出して水面を揺らすことで水面の表面積を増やし、酸素が溶け込みやすくするのです。上で、「屋外で飼う場合は雨などで
酸素が水に溶け込む量が増える」と書いたのは、別に雨に多く酸素が溶け込んでいるわけではなく、雨で水面が揺れ、表面積が増えることが理由です。ですので、水面が揺れ
れば、特にエアレーションでなくても良いということです。

水槽の水をろ過する装置として、上面ろ過機や外掛け式フィルターがありますが、これらは水槽の水を汲み上げてろ過し、上からろ過したきれいな水を入れるという方式の装置です。
そのため、水を入れる時に水面が揺れ、表面積が増えることで溶け込む酸素の量が増えます。つまり、このような装置をつけるのであれば、エアレーションは必要ないということ
です。

また、ろ過装置は値段も高いし、エアレーションもモーターの音や振動音が気になって使いたくないという場合、どちらも使わずに酸素を取り入れる方法があります。それは、水草
です。

水草は二酸化炭素を取り入れて、酸素を出すという光合成を行うので、それを利用します。ただこれには光が必要なので、水槽を明るい場所に置いて光を当てることが大事です。
蛍光灯の明かりを利用すればと思う人もいると思いますが、蛍光灯では光が弱く、日光の代わりに利用する場合は、かなり長時間点けておかなければなりません。

なお、金魚は水草を食べる習性があるので、光合成に利用したい場合は、金魚に食べられにくい、少し葉が硬めのものを選ぶことをオススメします。

アナタは金魚をどこで飼いますか?場所が違えば容器も変わる!?

一般的に、金魚は屋内で飼うイメージが強いのではないでしょうか。でも、屋外で飼ってはいけないというものではありません。もちろん外敵などの問題もありますが、そこをクリア
できれば不可能ではありません。

屋外で飼う場合、まず考えられるのは池です。池は鯉のイメージですが、ヒブナの変異した和金という種類の金魚は、形や泳ぎ方もフナに似ているし、大きさも大きいもので30~50
センチになります。しかし、広い環境で飼うと、金魚もそれに合わせて大きくなることが考えられるので、その点は注意しましょう。

他に屋外で飼う場合、トロ舟・すいれん鉢・すいれん鉢の代用として火鉢などで飼うことも考えられますが、これらは、横からは金魚を見ることができないので、上から見て楽しむと
いうことです。また、トロ舟というのは、セメントを練るための平たいプラスチック製の容器のことです。サイズは色々ありますが、何れにしてもセメントを練るためのものなので、水槽に比べるとかなり大きめです。このトロ舟は表面積が広く、深さも浅いということで観賞だけでなく、繁殖や飼育のために使われることも多いようです。

次に屋内で飼う場合はどうでしょうか。屋内の場合、圧倒的に観賞が目的です。そのため、色々な角度から見える水槽などの透明な容器が一般的です。

一口に水槽と言っても大きさは様々です。大きな物は90センチから、小さなものは30センチくらいまでが一般的に量販店などで売られているサイズです。

もちろん、金魚にとっては大きい方が良いに決まっていますが、取り扱いのしやすさなどから、45~60センチが一般的な大きさのようです。ただ、金魚の入れ過ぎには注意しましょう。

たくさん金魚を入れると、酸素不足やストレスからいじめが起こることも考えられます。ちなみに、30センチの水槽では、小型(3~5センチ)は3匹くらい、45センチの水槽では、5~7匹、60センチの水槽では7~10匹、90センチの水槽では10~15匹が良いようです。小型より大きなサイズの金魚は、この数より少なめに入れましょう。

また、水槽にも素材に違いがあり、ガラス製・アクリル製・プラスチック製があります。ガラス製は、水槽の角が湾曲になっていて金魚が見やすく、傷がつきにくいというメリットがあり
ますが、重くて割れやすいというデメリットもあります。アクリル製やプラスチック製は、軽くて丈夫というメリットがありますが、傷がつき易いため、長年使っていると透明度が落ちる、
また、角もつなぎ目があり、金魚が見にくいというデメリットがあります。メリット、デメリットをよく考えた上で、水槽を選びましょう。

ところで、金魚を入れる最も有名なものとして、金魚鉢があります。これは、名前からして金魚がついており、これに金魚以外のものを入れて飼うことはあまり考えられないと思い
ます。もともと、昔は金魚は池で飼われていました。金魚は室町時代に中国から渡来してきたものですが、その時代に水槽があったなんで、あまり考えられないと思います。

金魚鉢は、室内で金魚を見ることができる観賞用の容器として作られたものです。最近では、金魚鉢もいろいろなデザインのものがありますが、金魚を飼育するために作られて
いないため、飼育に必要な器具を取り付けるには、少々難しい形になっていることが多いのです。それに入る水の量も少なめなので、金魚鉢にたくさんの金魚を入れてしまうと酸素不足になってしまいます。そこで金魚鉢で飼育する場合、入れる金魚の数は少なめにして、水替えも頻繁に行う必要があります。