Page 4 of 5

紅白の清楚な体色、観賞には上見をオススメする金魚・・丹頂

丹頂と聞いて、一番に思い浮かぶのは「丹頂鶴」という人は少なくないと思います。頭頂が赤、目の周りと首が黒で、体全体は白い羽で覆われているあの鶴です。

しかし、金魚の品種にも丹頂という品種がいます。カンの良い人は分かったかもしれませんが、名前の由来はまさに丹頂鶴です。黒い部分はないものの、頭の肉瘤は赤、それ以外は
白という体色です。まさに丹頂鶴を連想しますよね。

そして、何となく日本産のイメージかもしれませんが、実はこの丹頂は中国で作出されました。日本に渡来したのは、昭和30年代です。体の特徴は、頭部にある赤い肉瘤ですが、
それ以外は「オランダ獅子頭」という品種の金魚と体形はそっくりです。オランダ獅子頭にも頭部に肉瘤があります。また、背びれがあり、長く伸びた開き尾を持っていて、まさに色が違うだけのように見えるのですが、丹頂の作出過程は分かっていません。そのため、オランダ獅子頭と関係があるのかも分かりません。ただ、オランダ獅子頭は琉金という頭部に
肉瘤のない、体に丸みのある開き尾を持った金魚の突然変異から作り出された品種なので、もしかしたら琉金と何かしらの関係があるのかもしれません。

また、この丹頂は大きくなるに従って頭部の赤い肉瘤が盛り上がってきます。肉瘤は大きな物が一つできるという感じではなく、小さなものがいくつかできる状態なのですが、それが多くなりすぎると眼まで覆ってしまい、眼が見えなくなります。しかし、餌には嗅覚を使ってありつくことができるので、餌を食べられなくなって死んでしまうのでは?という心配はしなく
ても大丈夫です。なお、この肉瘤ですが、室内で飼育する場合、赤色が薄くなることがあるので、時々日光に当てるか、発色を助ける餌を与える必要があります。

また、丹頂には日本産と中国産があるのですが、日本産の丹頂の肉瘤は中国産の半分くらいでかなり控えめで、多少盛り上がっているくらいです。それに対して、中国産の丹頂の肉瘤はとても大きくなります。しかし体格は日本産に比べ中国産のほうがやや小柄で華奢です。

丹頂は流通量が多く、手に入りやすい品種で、寿命も15年くらいで飼育し易い品種です。ただ、体長は20センチくらいになる大きめの金魚なので、大きめの水槽か、すいれん鉢や池など外で飼育するのもよいかもしれません。頭部の肉瘤だけが赤いので、横から見る横見より上から楽しむ上見の観賞に向いた品種です。

なお、池と言えば錦鯉のイメージかもしれませんが、実は錦鯉にも丹頂という品種があります。金魚と同様に頭頂のみが赤いのですが、肉瘤はありません。錦鯉の場合は、頭頂
以外の部分の色が名前に入り「丹頂●●」とつけられています。ちなみに、金魚のように頭頂以外の体全体が白い品種は「丹頂紅白」と言われています。金魚の場合は「紅白=
丹頂」で、それ以外はオランダ獅子頭として考えられているので、丹頂にはそれ以上の細かい分類はありません。

オランダとは関係ないのに、この名前がついた金魚・・和蘭獅子頭

金魚の品種で、「和蘭獅子頭(オランダシシガシラ)」と聞いてすぐに金魚の形が思い浮かぶ人は、金魚に興味があり、専門店にもよく行くという人ではないかと思います。手に入れることは簡単ですが、お店でしか、ちょっとお目にかかれないそんな品種です。でも、これほど名前と体型がマッチした金魚はそういないと思うので、一目見ればすぐに覚えてしまうと
思います。
和蘭獅子頭の特徴は、頭部に肉瘤があり、背びれもあり、長く伸びた開き尾です。開き尾というのは、フナのようなまっすぐな尾ではなく、上下左右に開いている立体的な形をした
尾びれです。また、肉瘤のイメージは、その言葉通り、肉の瘤(コブ)なのですが、大きな瘤ではなく、小さなものがいくつか頭の上に乗っているという感じです。

ランチュウという品種を知っている人は、ランチュウの背びれがあるタイプ?と思うかもしれませんが、ランチュウほど、体全体に厚みがありません。和蘭獅子頭は、元々琉金という
体型が丸い品種の金魚の突然変異から選別され、作り出されているのですが、体型は琉金より少し胴長です。そして体色は、赤・橙黄・白・更紗(紅白)・黒と様々です。

和蘭獅子頭は、江戸時代に中国から琉球を経て長崎に渡来してきました。その時代は鎖国時代で、珍しい渡来物を「オランダ物」と呼んでいたことから、この金魚の名前にも
「オランダ」が付いたのです。そして、獅子頭は、頭についている肉瘤が獅子の頭を思わせることから「和蘭獅子頭」と名づけられました。なので、オランダとは全く関係なく、名前の
意味は、珍しい輸入品ということです。

また、肉瘤については、その出方はさまざまで、「あまり出ない」という声も多いようです。飼育方法による原因が多いと考えられていますが、逆に大きく発達した場合は、肉瘤が眼を
覆うほどになり、眼が見えなくなる場合もあります。金魚の中で、元々視力が悪い品種はいくつかあるのですが、このような場合、餌は嗅覚で感じているようです。なので、眼が
見えないからと言って、餌が食べられなくなるのでは?という心配は、しなくても大丈夫です。

和蘭獅子頭はとても大きくなる金魚で、その大きさは25センチくらいとも言われています。金魚で25センチはかなり大きいと思うのですが、これよりもっと大きいジャンボオランダと
いう品種もいます。

ジャンボオランダは和蘭獅子頭とフナのような体型の和金という金魚を繰り返し交配させて作られた金魚ですが、その大きさは40センチとも言われています。産地としては熊本県
長洲町が有名で、人気があり愛好家も多いようです。このサイズまで大きくなると、もう屋外の池などで飼うか、どうしても室内で飼いたい場合はとても大きな水槽を用意するしかない
ですよね。しかし、室内ではちょっと難しい大きさだと思います。

なお、オランダ獅子頭の愛好家の間では、長年に渡り世代を重ねてきたことで、現在の和蘭獅子頭とは趣が全く違う「日本オランダ」という金魚も知られています。

中国生まれ、珍奇な姿が人気の金魚・・水泡眼

水泡眼という金魚は、金魚を専門店などで見ない人にはちょっと聞いたことのない珍しい品種かもしれません。この金魚は、中国で古くからある品種ですが、宮廷などの支配層のみが飼育保存をしていて、王朝政が廃止になって一般に広く知られるようになりました。そのため、出目金の突然変異により作出されたなどの説はありますが、詳細は分かっていません。

日本には、昭和33年に渡来してきました。つまり、琉金や出目金に比べ、渡来してからの年数が浅いことから、日本人にとってあまりなじみのない金魚の一つと言えるでしょう。

水泡眼の一番の特徴は、その名前からも想像できるように「眼」です。眼の造りは、上向きの眼球と、眼球の角膜のみが大きく膨らんでできた風船のような水泡状の袋になっています。左右にこの袋はありますが、中はリンパ液で満たされています。名前の由来も、この水泡状の袋が眼にみえることから、水泡眼と名づけられました。

体型としては、ランチュウという金魚の形に似ていて、背びれがありません。このランチュウという金魚も古くからいる品種ですが、日本で、「マルコ」という品種から改良された金魚です。体型は、琉金ほど丸くなく、しかし和金ほど長くもないという形です。尾の長さ、形も様々です。ランチュウには頭部に肉瘤がありますが、水泡眼には肉瘤がないので、その点も特徴の一つと言えるかもしれません。

体色は、赤や更紗(赤白)が一般的ですが、黒・茶・青・キャリコ柄も、数は少ないですが、中国金魚の専門店に行くとお目にかかれます。また、上で「背びれはない」と書きましたが、原産地では背びれのあるタイプがいます。しかし、それらが輸出されることはほぼありません。よって日本で見られる水泡眼は背びれがないものばかりです。中国だけでなく、日本でも人気が高く、比較的流通量は多い品種です。

~~~~~~~~~~~
金魚を長生きさせるためにも飼育環境にもっとお金をかけたい!
お給料日まで待てないって人はカードローンの無利息サービスを利用してみては?
~~~~~~~~~~~

水泡眼は、和金や琉金ほど丈夫ではありませんが、飼育環境をきちんと整えると10年位は生きると言われています。眼の下の水泡が傷つきやすいので、その部分に注意し、水槽内に角のある装飾品などは置かないようにします。この水泡が傷ついてしまうと、元に戻ることはなく、傷から細菌が入ってしまう可能性があるので、すぐに薬の入った水槽で泳がせるなどして対処します。また、水泡眼に関わらず、出目金など眼が出ているタイプの品種は一般的に視力が低い傾向があります。

なお、この水泡眼に似た品種として頂点眼という金魚がいます。頂点眼は出目金の突然変異で作出された金魚ですが、水泡眼と同様に背びれがありません。これも原産国では、背びれがあるのですが、輸出の際に背びれのないものしか輸出されないので、結果的に背びれがないものばかりが他国に流通しているのです。頂点眼は出目金の突然変異と分かっているだけに、出目金の眼球が頂点(上)を向いているというところが特徴です。その点で、眼の下が膨らんでいる水泡眼とは明らかに違うのですが、眼が上を向いているという点では、飼育環境など共通する部分が多く、一括りにされています。

純国産の金魚、日本人好みの渋い色合い・・朱文金

朱文金は、純日本産出の金魚です。多くの金魚が外国から渡来してきているので、日本産のこの品種は珍しいと言えます。

フナ尾の和金(フナのような尾を持ち、体型も細身の金魚)と三色出目金(黒・白・赤が交じった出目金)の交配で、明治25年に秋山吉五郎という金魚養殖家によって作出され
ました。本来は「朱文錦」と書き、朱(赤)と浅葱色(薄い藍色)を基調とした体色を持つ錦のような金魚という意味です。

特徴としては、和金型の体型で長い吹き流し尾とモザイク透明鱗を持ち、体色は赤・青・白・黒の雑色です。モザイク透明鱗とは、鱗には、普通鱗・透明鱗・全透明鱗という三つの
種類があるのですが、その中の普通鱗と透明鱗が混じったものです。

鱗は皮膚の一部で、外側から、表皮・メラニン色素細胞・真皮・光彩層(銀色に光る部分)の四層構造になっています。普通鱗は、最も良く見られる鱗で銀色に光るキラキラした
一般的な鱗です。透明鱗は光彩層がないため銀色に光らず、鱗自体の色だけが見える鱗です。そして、全透明鱗はメラニン色素細胞と光彩層がないため、透明で輝きのない鱗です。つまり、全透明鱗を持つ魚は、鱗内部の体色がそのまま透けて見えるということです。朱文金は、モザイク透明鱗なので、体の表面に、キラキラ光る普通鱗と光らない透明鱗が
混在しているという状態です。

朱文金と同じような体型を持つ金魚として、コメットという品種があります。コメットは琉金という丸い体型を持つ金魚の突然変異として生まれた金魚で、アメリカ産です。このコメット
と朱文金は見分けがつかないという場合が多いのですが、朱文金は三色出目金の色合いが強く残っているので、その色調で判断されます。赤・青・白・黒の雑色なんて、まさに和の
イメージではありませんか?決して派手な色味ではありませんが、青・黒が入ることにより、ちょっと引き締まった感じの印象を与えると思います。

また、朱文金は手に入りやすい品種で、金魚すくいで見かけることもあります。とても丈夫で、大きな水槽で飼えば、30センチ以上になることもあります。

ところで、朱文金には派生品種があります。派生品種というのは、この場合、朱文金を改良して作り出された新しい品種ということです。

最も有名なものは、「ブリストル朱文金」ですが、これはイギリスで作出されました。色合いは朱文金なのですが、尾に特徴があり、その形は扇型です。ハート型と言われることも
ありますが、幅の広い大きな尾なので、泳ぐ姿はとても優美です。ただ、この品種は大変珍しく、日本ではなかなか見かけることはできません。

また、朱文金とフナ尾の和金を交配させた「メタリック朱文金」という品種もあります。これは、交配の結果、朱文金特有の浅葱色が目立たなくなり、鱗もモザイク透明鱗から普通鱗になったため、鱗自体の白色が反射して銀色に見えるようになりました。そのため、この名前がつけられました。

なお、このメタリック朱文金は銀色に光ることから豪華に見え、人気もあり、本来の朱文金に対して手に入りにくいようです。